• MIKKO

暑い夏に行う練習方法


暑い日が続きますね。

水分補給しすぎてむくんでしまいそう…。

暑い日々、エアコンに頼ってばかりいると、汗をかくこともなくなります。

そこで、よく聞かれるのが、エアコンはボーカリストにとって害となるのか…

もちろん喉への負担は大きいです。

そして、身体を基本に歌を歌うわけですから、もちろん身体への害も出てきます。

喉がしまる。関節がかたまる。などなど。

喉(声帯)が潤っていて、関節がリラックスした状態が歌うのにベストな状態です!

しかし、どんなに暑くても、エアコンをつけない!!とはいきませんよね…。

なにより熱中症が怖いです。

では個人練習などをするとき、どのような環境で行なったらよいのか。

はじめの5分程、部屋(スタジオ、カラオケBOX等)を一旦過ごしやすい程度に

冷やしておきます。

冷えたらエアコンはオフ!

そこから発声等行ってるうちにどんどん暑くなってきますね、もちろん。

しかし、すぐにつけることはしません!

身体が汗ばむのは夏ですもの、当たり前!

エアコン、オン、オフの切り替えは自分の集中力で判断しましょう!

この暑さだと、もう集中力がなくなる…。

そこがバロメーターとなってきます。

集中力がない状態での発声等はまったく意味がありません。

なので、脳と相談し、エアコンのオン、オフを判断してみましょう!!

夏に負けず頑張りましょう♪

MIKKO

#ボイトレレッスン歌バンドライブ

11回の閲覧

​MIKKO OFFICIAL SNS

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

Copyright (C) 2016 vivify project. All Rights Reserved.